ドッグセラピーの「ジャパンドッグアカデミー」

ドッグセラピーとは

動物は私たちには計り知れない無限の力を持っています。中でも、古来から人と共に生活をしてきた犬には人の心を「癒す力」があると言われており、心の壁を取り払い、そこに笑顔を作り出す力があります。

ドッグセラピーとは、臨床場面において高度な訓練をつんだ「セラピードッグ」を介在させることで、高齢者や様々な障害を持つ人、そして子供たちに対し、心や身体のリハビリテーションをするケアマネージメントであり、生活の質(QOL)を高めることを目的としたプログラムです。

臨床現場においてドッグセラピーを行うと対象者の心理抵抗を和らげることができ、①笑顔が増える②言葉を発する機会が増える③社会性が向上するなどといった主観的変化や、①血圧が10%程度下がる②認知症状評価尺度に変化が見られる③睡眠障害の尺度に変化が見られる、などの客観的変化を得ることができます。 そのため現在、ドッグセラピーは多くのメディア、高齢者施設、児童福祉施設などで注目されるようになっています。

人の心を癒すドッグセラピー

アニマルセラピーの中でも高度な訓練を積んだ犬によるドッグセラピーは大きな注目を集めています。

ジャパンドッグアカデミーのロゴ ジャパンドッグアカデミー
住所・アクセス 東京都大田区田園調布1-6-17 ビル田園1F
東急東横線「多摩川駅」より徒歩約8分
電話番号 0120-499-491
※PRページを見たと言うとスムーズです!

ドッグセラピーと「レクリエーション活動」

セラピードッグによるレクリエーション活動

JDAは世界各地で活躍するNPO法人日本レスキュー協会の制止を受け継いでいます。

動物介在活動=AAA
(Animal Assisted Activity)

一般的に行われている「ドッグセラピー」は、動物介在活動=AAA(Animal Assisted Activity)と呼ばれ、犬とのふれ合いを中心に参加者の楽しみを目的とした「レクリエーション活動」です。

みなさんがイメージされるドッグセラピーの多くがAAAなのではないでしょうか。例えば、様々な施設で行われるクリスマス会や誕生日会などに訓練された犬と参加することで、日常にはない楽しい時間をすごしてもらいつつ、犬がいる環境によって心理的な良い影響を与えることができます。 そのため、20名~50名といった大人数の方に対して実施できるのが特徴です。

ドッグセラピーを活用した「療法」と「教育」

動物介在療法=AAT
(Animal Assisted Therapy)

犬とのふれ合いを中心に参加者の楽しみを与えるAAAとは違い、対象者の心や身体的なリハビリテーションなど、治療改善を目的としてセラピードッグを介在させることを動物介在療法=AAT(Animal Assisted Therapy)と呼びます。

AATでは医療従事者や研究者とともにセラピーを受ける対象者のニーズを把握し、それぞれに改善目標を定めた上で実施します。実施する際には、対象者が「犬が好きである」ことを前提に、精神科医や作業療法士などの医療関係者の方々と一緒に、実行していきます。プログラムは個人によって都度組むことになりますが、「犬と触れる」「キャッチボールをする」「犬に指示を出す」などがあります。

動物介在教育=AAE
(Animal Assisted Education)

癒しや治療を目的とするドッグセラピーとは異なり、『幼稚園や小学校などの教育の場』に動物を介在させ、子供たちに動物との正しいふれ合い方や接し方、命の大切さなどを教える活動のことを動物介在教育=AAE(Animal Assisted Education)と呼びます。

AAEは子供たちに動物との接し方を教えることで、コミュニケーション能力の向上や、自分以外の人や動物を思いやる優しい心を育てることを目的としています。

ジャパンドッグアカデミー(JDA)について

レスキュー現場

JDAは世界各地で活躍するNPO法人日本レスキュー協会の精神を受け継いでいます。

日本で唯一のドッグスペシャリスト養成スクール

ジャパンドッグアカデミー(JDA)は、「犬とともに社会に貢献する」を理念に定め、優秀なドッグセラピストとインストラクターの育成を願い、1999年4月に開校いたしました。

母体となっているのは、世界各地に災害救助犬を派遣していることで有名なNPO法人日本レスキュー協会です(日本レスキュー協会はそれまで「なんとなく良い結果が出ているが良い活動だろう」というレベルだったドッグセラピーの分野において、世界で初めて効果検証を行い、臨床データを様々な学会やシンポジウムなどで発表しております)。

NPO法人日本レスキュー協会の設立以来、ドッグセラピー活動が大きくマスコミに取上げられたこともあり、協会によせられるセラピードッグ派遣依頼は年間約1500件にも上ります。しかし、セラピードッグとそのハンドラーであるセラピストの数が圧倒的に不足していたため、これまでは年間約200件の派遣依頼にお答えするのがやっとという状態でした。

そんな現状を打破すべく、人材育成専門のジャパンドッグアカデミーは設立され、カリキュラム修了後、NPO法人日本レスキュー協会の定めるドッグセラピスト資格を取得された方には、全国から寄せられるセラピードッグ派遣依頼にセラピストとしてお答えいただいています。

スクール情報

学校名 ジャパンドッグアカデミー
電話番号 03-5483-4911
住所 東京都大田区田園調布1-6-17 ビル田園1F
アクセス

東急東横線「多摩川駅」より徒歩約8分

東急池上線「雪が谷大塚駅」より徒歩約8分

東急東横線「田園調布駅」より徒歩15分

受付時間 水曜~日曜 10:00~19:00
休校日 月曜、火曜 ※左記曜日は、ドッグセラピー訪問があるため休校日となります
ホームページ http://www.japan-dog-academy.com/
ドッグトレーナーページ http://www.jda-dogtrainer.com/
メールアドレス info@japan-dog-academy.com
動物取扱い業に関する申請 動物取扱責任者/島本洋介
登録年月日/平成20年3月7日
有効期間の末日/平成25年3月6日
動物取扱業の種類および登録番号 保管 第002877号
訓練 第002878号
展示 第002879号

ページトップへ戻る

ドッグセラピーについてJDAのトレーニングセラピスト講習についてジャパンドッグアカデミーの詳細ドッグセラピスト