facebookとブログを連動させて新規集客が誰でも簡単にできる3つのポイント

facebookから新しい顧客を獲得しようとしている人は多いと思う。「いいね!」ボタンを押してもらって、その人とつながりのある人のタイムラインに店舗の新着情報を流し来店に繋げる。facebookを使った集客の大まかな方法はこの通りだ。

よくお客様から「Facebookはやったほうがいいですか」という質問をいただくが、その答えは当然「YES」だ。Facebookを使って集客をしようと思ったときに「いいね!」ボタンを押してもらって店舗の情報を拡散させれば、新しいお客様が来店すると思っている人も多いと思う。最初にお伝えしておくと「いいね!」ボタンを押してもらって、新しいキャンペーンやクーポンを多くの人に見てもらったとしても、それだけでは来店まで結びつく可能性は低い。「いいね!」の数は順調に増えているが、なかなか来店まで至っていない原因は非常に単純明快だ。

では、どうすればSNSで勢いのあるFacebookを有効に活用してお客様の数を増やせるのか…「いいね!」の数をある程度集めている前提であれば、そこからお客様を来店に導くポイントは大きく3つある。(いいね!の集め方は別の記事でお伝えします)

  • ■Facebookとブログは必ず連動して投稿を反映する
  • ■「いいね!」を押しているのはどんな人かを知る
  • ■来店してほしいお客様の志向に合わせて投稿内容を特化させる

上記を1つずつ見てみる。

■Facebookとブログは必ず連動して投稿を反映する

SNSは集客用のツールではなく、ユーザーとの交流用のツールである。当然Facebookも例にもれることなく交流用のツールだ。SNSユーザーを来店に導くためには、ブログと連動させて、最新の投稿記事がニュースフィードに表示される必要がある。

なぜなら、見込み客に日常のできごとを書いた投稿を見てもらっても「このお店に行ってみよう」とはなりにくいからだ。せっかく最新の店舗情報や新メニュー・おすすめメニューを好きなタイミングでユーザーに発信できる機会があるならば、より情報量がユーザーの関心が高い関連性の強い記事を投稿しているブログにもアクセスしてもらい、そのほかの記事に見てもらうほうが、より効果的にユーザーの興味を引き出すことができる。

そのための簡単かつ有効な方法として、Facebookとブログを連動する方法をおすすめする。※当然ブログの内容がしっかりと書かれていることが条件になるので、書き方については別の記事で解説する。

■「いいね!」を押しているのはどんな人かを知る

あなたのFacebookページに「いいね!」をしくれている人はどんな人達だろうか。性別、年齢、職業、地域、投稿の頻度、友人の数…多くの条件があるが、この中から来店してほしい人がどのくらいいて、なぜ「いいね!」をしてくれたのかを考えてみる。

「友人がいいね!を押していたので、なんとなく押した」という方よりも「自分が興味を持っていて、そのことについてもっと知りたいと思って押した」のほうが、あなたの店舗に足を運んでくれる方は増える。ここで重要なのは、見込み客である後者の人が実際に「いいね!」を押してくれているのかということと、見込み客の属性を判断するためだ。

■来店してほしいお客様の志向に合わせて投稿内容を特化させる

どんな方法で情報発信をするときでも、これができなければただの日記になってしまう。そうなれば当然、あなたのことをよく知らない人が来店しようと思うきっかけになることはまず考えられない。ユーザーがあなたの情報を定期的に読みたいと思う理由は「自分にとって価値のある情報、知りたいことを教えてくれる」である。

例えば美容室の場合「髪につやを取り戻すプロ目線で選んだトリートメント」という記事であれば、新商品が出るたびに実際に使ってみたレビューを定期的に更新していたとすると「髪が痛んでいることを気にしていて、なにかいいトリートメントないかな」と調べている人にとっては、信頼できて読みたくなる記事になる。

記事を書く前に決めておくことは「この記事ではどんな人の困り事に対して答えを用意するか」だけである。答えに関してはほぼ毎日現場にいる皆様にとっては、対して難しい問題ではないはずだ。定期的にあなたの記事の読者になってもらえれば、ユーザーに届くあなたの情報も自然と増えていくので、お客様があなたに対して抱く期待と信頼は増していく。

そうすることで、あなたが解決できることでお客様が困ったとき、店舗に足を運んでくれるのである。

「Facebook」からのお客様を増やすポイントの確認とまとめ

  • ■Facebookとブログは必ず連動して投稿を反映する
  • ■「いいね!」を押しているのはどんな人かを知る
  • ■来店してほしいお客様の志向に合わせて投稿内容を特化させる

この3つのポイントを意識すると非常に手間がかかる。しかし、お客様の悩みを解決できる術を持っているのは業界のプロであるあなただ。見えない将来のお客様から相談を受けているとイメージする。その悩みをどうすれば解決できるのかをブログに書いて、書いた記事をFacebookで拡散してユーザーとの交流を増やしていくことが、Facebookを有効活用して新しいお客様を獲得する方法だ。